選手の紹介

  • ナショナルチームメンバー
  • 育成アスリート
  • インタビューの輪

インタビューの輪

VOL.1松田 知幸選手
現役で活躍する選手に、射撃の魅力や、今までで想い出に残った試合の話
などを伺いました。ライフル射撃の選手の生の声をお届けいたします!
第1回は国内第一号のロンドン五輪出場を決めた松田選手。
射撃を始めた時期はいつですか?
平成6年に警察官を拝命した時。
競技用拳銃は、平成14年からなので、まだ10年経っていません(若手です)。
射撃を始めたきっかけはなんですか?
警察官になると警察学校に入校します。
その学校での必須授業科目で拳銃を撃ちました。
試合前に、独自の精神統一、もしくはリラックス方法などがあれば教えてください。
朝起きてから、試合開始までの流れをイメージし、毎回同じようにしています。
そして、試合開始前に家族、会社、コーチや銃など全ての事に感謝をして、試合に臨みます。
射撃をやっていて得をしたことはありますか?
オリンピックに出場出来たこと。
今までの試合で一番想い出に残っている試合はなんですか?またそれはなぜですか?
何と言っても世界選手権でしょう。
コーチと泣いて、抱き合って喜べた試合だったので・・・。
射撃をやっていて一番辛かった想い出はなんですか?
始めた頃は、落ちこぼれで毎日バカヤロー、へたくそと怒鳴られていた。
ずばり、射撃の魅力とは何でしょうか?
年齢、体格問わず誰でも勝つ可能性があり、自分の思い描くところに弾があたる爽快感は最高です。
また、メンタルスポーツなので精神を極限まで集中させるため、終わった時の達成感は格別なものがあります。
最後に、これから射撃を始めようと思ってる方、射撃に魅力を感じている方に一言お願いいたします。
射撃は歳をとっても長く続けられるスポーツですので、遅すぎることもありません。
しっかりと手続きを踏めば、一般の方でも射撃を楽しむことが出来ます。
許可の要らないデジタルピストルもありますので、ぜひ射撃場に足を運んで下さい。
一緒に射撃を始めてみませんか?
プロフィール
生年月日:1975/12/12
所属:神奈川県警
出身:神奈川県横浜市
競技歴:15年
  • 松田 知幸選手

    国内第一号のロンドン五輪出場を決めた松田選手。

ページトップへ