[an error occurred while processing this directive]


2008 北京オリンピック日本代表選手団




選手団紹介
監督
氏  名  岸高 清 (きしたか きよし)
所  属  JFEセキュリティ(株)
出身地  千葉県
生年月日  1953年12月31日
ライフル
コーチ
氏  名  香西 俊輔 (こうさい しゅんすけ)
所  属  (社)日本ライフル射撃協会
出身地  兵庫県
生年月日  1952年4月12日
ピストル
コーチ
氏  名  エミール・ドゥシャノフ
所  属  (社)日本ライフル射撃協会
出身地  ブルガリア共和国
生年月日  1962年4月9日
ライフル
コーチ
氏  名  木場 良平 (こば りょうへい)
所  属  自衛隊体育学校
出身地  鹿児島県
生年月日  1962年12月13日
ピストル
選手
氏  名  小林 晋 (こばやし すすむ)
所  属  岡山県警察
出身地  岡山県
生年月日  1973年6月27日
出場種目  10mエア・ピストル男子(8月9日)
 50mピストル男子(8月12日)
ピストル
選手
氏  名  松田 知幸 (まつだ ともゆき)
所  属  神奈川県警察
出身地  神奈川県
生年月日  1975年12月12日
出場種目  10mエア・ピストル男子(8月9日)
 50mピストル男子(8月12日)
ピストル
選手
氏  名  福島 實智子 (ふくしま みちこ)
所  属  (株)國友銃砲火薬店
出身地  大阪府
生年月日  1963年8月23日
出場種目  10mエア・ピストル女子(8月10日)
 25mピストル女子(8月13日)
ライフル
選手
氏  名  山下 敏和 (やました としかず)
所  属  自衛隊体育学校
出身地  徳島県
生年月日  1977年2月12日
出場種目  10mエア・ライフル男子(8月11日)
 50mライフル男子伏射(8月15日)
 50mライフル男子3姿勢(8月17日)


競技日程
日  程 競    技 時  間
(日本は+1時間)
出場選手
8月9日(土) 10m Air Pistol Men (60 shots)
10m Air Pistol Men (60 shots) Final
10m Air Pistol Men (60 shots) 表彰
12:00〜13:45
15:00〜15:20
15:35〜15:50
小林
松田
8月10日(日) 10m Air Pistol Women (40 shots)
10m Air Pistol Women (40 shots) Final
10m Air Pistol Women (40 shots) 表彰
09:00〜10:15
12:00〜12:20
12:35〜12:50
福島
8月11日(月) 10m Air Rifle Men (60 shots)
10m Air Rifle Men (60 shots) Final
10m Air Rifle Men (60 shots) 表彰
09:00〜10:45
12:00〜12:20
12:35〜12:50
山下
8月12日(火) 50m Pistol Men
50m Pistol Men Final
50m Pistol Men 表彰
09:00〜11:00
12:00〜12:20
12:35〜12:50
小林
松田
8月13日(水) 25m Pistol Women
25m Pistol Women Final
25m Pistol Women 表彰
09:00〜14:00
15:00〜15:20
15:35〜15:50
福島
8月14日(木)
8月15日(金) 50m Rifle Prone Men
50m Rifle Prone Men Final
50m Rifle Prone Men 表彰
09:00〜10:15
11:30〜11:50
12:05〜12:20
山下
8月16日(土)
8月17日(日) 50m Rifle 3 position Men
50m Rifle 3 position Men Final
50m Rifle 3 position Men 表彰
09:00〜12:20
13:30〜13:50
14:05〜14:20
山下



見どころ
種    目 選    手 見どころ
10m Air Pistol Men 小林  晋
松田知幸
集中力の持続性と正確な照準、撃発が要求される競技である。
60発の600点満点。
10m Air Pistol Women 福島實智子 エア・ピストル男子と同じ。女子は40発の400点満点。
10m Air Rifle Men 山下敏和 この競技は立射という不安定な姿勢で銃をコントロールしながら勝敗を決める難しい競技である。
60発の600点満点。
50m Pistol Men 小林  晋
松田知幸
この競技はピストルの精密射撃の代表的なもので、2時間にも亘って片腕のみで反動の強い銃を扱うため、集中力の持続と正確な照準、撃発と共に、非常な持久力が要求される競技である。
60発の600点満点。
25m Pistol Women 福島實智子 速射と精密射撃という性質の異なった二種類の射撃を30発ずつ行う、いわば複合的な要素の強い競技。
速射は3秒間の中で比較的大きな的を狙う競技であり、優れた反射神経とバランス能力、思いきりの良さが要求される。
精密射撃は5分間のうちに小さい的に5発撃つため、精密な照準と、反動のある銃を保持する能力が必要となる。
30+30=60発の600点満点。
ソウルオリンピック大会で福島實智子選手(当時は長谷川智子)が銀メダルを取った種目。
50m Rifle Prone Men 山下敏和 この競技は60発600点満点。
世界記録は600点で、既に何人もの選手がマークしており、ファイナル進出は595点以上となろう。
50m Rifle 3 position Men 山下敏和 この競技はライフルのマラソン競技といわれ全競技時間4時間(途中のインターバルを含め)を越え、極度に精神を集中し体力も消耗するために、競技終了後は体重が2kgは減るといわれている。
伏射、立射、膝射の三姿勢で行われ、もっとも厳しく、総合的な能力が必要とされることから、この種目を制する者がライフルの真のチャンピオンとして高く評価される。
120発の1200点満点。
世界では1170点台の強豪がひしめく。