各種手続き

  • TOP>
  • 各種手続き
  • 手続きのご案内
  • 推薦要綱と様式
  • 書式ダウンロードのご案内

所持方法と手続きの概要

銃砲所持の原則

日本においては、原則として何人も銃砲を所持することはできませんが、 例外として、標的射撃と狩猟・有害鳥獣駆除等の目的で所持することができます。 標的射撃では、(公社)日本ライフル射撃協会の会員で、国際競技会や国民体育大会等の選手 または候補者として適当であると認められる者が所持をすることができます。

ライフル射撃競技用銃砲の所持の方法

  • (1)ライフル射撃競技には、銃砲刀剣類所持等取締法による所持許可の必要な銃砲を使用するものと、許可が不用のものがあります。
  • (2)所持許可の必要な銃砲を所持しようとするときは、推薦書(空気銃を除き)が必要です。
  • (3)(公社)日本ライフル射撃協会の会員でなければ推薦書は発行されません。
  • (4)推薦書は、(公社)日本ライフル射撃協会の加盟団体(都道府県ライフル射撃協会)を通じて申請することができます。
所持許可必要
大口径ライフル(ビッグボア)
小口径ライフル(スモールボア)
ピストル
エア・ピストル(AP、空気けん銃)
エア・ライフル(AR、空気銃)
各手続きのご案内はこちら
所持許可不要
ビーム・ライフル
ビーム・ピストル(デジタル式・ビーム式)
利用できる会場に行き、射撃を楽しんでください。

許可が必要な銃砲の種類

下記の5種類の銃砲は、銃砲刀剣類所持等取締法による所持許可が必要となります。

  • 大口径ライフル
(ビッグボア)
  • 小口径ライフル
(スモールボア)
  • ピストル(装薬けん銃)
  • エア・ライフル
(AR、空気銃)
  • エア・ピストル
(AP、空気けん銃)

各手続きのご案内はこちら

ページトップへ